様々な観点から見た外断熱採用のメリットについて TOP

このサイトについて

外断熱を取り入れることで様々なメリットを得ることができますが、日本の住宅にとってメリットの高いポイントとして結露が発生しにくいことがあげられます。
結露が生じることで起こるデメリットは、窓掃除が面倒になるだけではありません。
壁の中やビニールクロスの内側にカビが発生してしまいます。
見えない場所にカビが発生しますので、どうしても対策がおくれてしまいます。
そのうえ、カビが好む環境下ではダニも発生しやすくなってしまいます。
カビが飛ばす胞子はアレルギーの原因になりますし、ダニもアレルギーの原因になります。
いくら室内を頑張って掃除していても、家そのものがカビやダニの発生しやすい状態になっていては対策として充分とはいえません。
根本的な結露への対策が必要です。
高温多湿の日本において結露対策を本気で考えるのなら、断熱は外断熱を採用したほうがよいです。
事実、環境先進国であるドイツや北欧では、外断熱が当たり前となっています。
結露は温かな空気に含まれた水分が冷たい物質に触れることによって生じます。
外断熱にすることにより建物そのものを外気から守ることができます。
建物そのものを外気から守ることにより、結露から建物そのものを守ることができます。
結露から建物を守ることで、家族の健康も守ることができます。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    日本リビング保証様による安心サポートがある浴室リフォーム業者を埼玉で探すなら、「適正価格」「高い工事技術」を目指しているので、お客様のご要望をきちんと理解し、的確な情報提供や提案をしてくれます。
    通常時と同様に設備へ電力の安定供給を行う非常用発電機なら、急な停電などで電力が止まってしまった場合に、電力が復帰するまで必要な設備を安定して稼動させるのに大きな効果を発揮します。
    地震や火事に強くRC外断熱をお考えの方には、災害に対して強く安全である事をコンセプトに作られた住宅で、一年を通して快適に過ごせる建築士のサイトがおすすめです。
    Copyright(C) 様々な観点から見た外断熱採用のメリットについて All Rights Reserved.